忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大好きな「キサラギ」と同じ監督という理由で行きましたが、思い出したのは「アフタースクール」(過去記事)の方でした。役柄ごと俳優が被っているのと、一般人が刑事事件にコミットしていくところが同じなので。→守護天使 - goo 映画 →特集ページ(goo.ne.jp)

でも「アフタースクール」の主人公チームが優等生的な隙のないスマートさでちっとも感情移入できなかったのに対して、こっちの主人公(カンニング竹山)は痛々しいくらいカッコワルイ。仕草ひとつひとつが呆れるくらいショボイ。だけど真っ直ぐで一生懸命で、金欲しさにバイトするあたりでシクシク泣いてる姿にお前そこまでやるかwwwと笑いつつも、どんどん好きになってきます(佐野史郎怖いよ!w)。そして最後には拳に汗握って竹山ガンバレ、ガンバレ!!応援する羽目になる。
遂に正体バレするところは、あ~この流れでバレるんだな…という予測は付くのですが、もう一つ仕掛けがあって、正直ヤラレタ!という感じ。あまりのバカバカしさに笑いながらも、あれっ、おかしいな目から水が…。すみません、あんなものでまんまと泣きました

佐々木蔵之介(goo.ne.jp)のチンピラ役はどんなクズ人格でもどこか悲しそうな空気があっていつも気になる存在なのですが、今回は他の映画のように途中退場したり、報われない結末に泣くこともなく、最後まで活躍してくれるのも嬉しいところです。

ただ、ちょっと長いのが気になるかも。アクション場面に引きが多くて長回しなのでちょっとマッタリしすぎという気もしますが、元々アクションを撮りたいわけじゃな いだろうからあんなもんでいいのかな。(※続けてトランスフォーマーリベンジを見た後だけに、何を見てもマッタリアクションに見えるという後遺症の可能性もあり)

サービスシーンが女子高生ではなく、カンニング竹山とバナナマン日村の惜しげも無い脱ぎっぷりであるという点及び、マジで痛そうな恐怖シーンがある点だけ気を付ければ誰にでもオススメです。みんな日本の映画ならルーキーズじゃなくてこっち見ようぜ。いやー楽しかった~。次回作にも期待。【映画感想】

何度でも超リコメンド「キサラギ」!。「守護天使」もそうだけど、一人の人間の多面性を見せる演出が上手いな~と思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin