忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

→ 公式サイト
2002年公開の「宣戦布告」って映画を覚えている人はいるかな。映画そのものの出来は不問にするとして、ほぼ陸自が主人公なのに、防衛庁(当時)が殆ど協力してくれなかったという不遇の映画。防衛庁は「隊員が死にまくる話だから駄目」なんて言ってたらしいですが、「ミッドナイト~」で控えめとはいえ人死にシーンがあることで改めて嘘くさいなぁ…と感じずにはいられない。はっきり言えば「宣戦布告」とその他の映画の最大の違いが何かと言えば、特定の外国を劇中で名指ししているか否かという点にある。(「法の不備」という痛点も突いちゃったかな、と個人的には思うけど。)おかげで原作小説の面白さの柱、

主力要素A:やや嘘くさいけど日本・アメリカ・某国周辺のポリティカルサスペンス
主力要素B:主人公チームvs J隊 vs 謎の武装勢力 vs 冬の大自然の山岳アクション
オマケ要素:人間関係でいろいろ

のうち、要素Aは背骨を抜かれたに等しくなってしまいました。その流れで言えば、原作の首相は普段は飄々としていて、その実は食えない狸親父という魅力のある人物だったのに、映画の首相って大声出したりしてもう危なっかしくて見ていられない。クライマックスでこんな人に頭下げられても感動できませんって。

それならば要素Bに特化して山岳おバカアクションものとして話を盛り上げるという選択肢もあったと思うのですが、これがまた駄目すぎる。雪山で敢えて防寒着を脱ぎ捨ててからの緊迫感が凄いのに、そんなの一切描かれてない! あっさり目的地に着いておいて、あとは延々と泣かせの場面って一体何だろう? 主人公が報道カメラマンを辞めた理由も、仲間を失った 佐伯三佐(原作の伍島一尉から昇進)の無念も甘すぎる描写。製作者は原作小説のどこが面白いと思って映画化を決めたのか本気で理解不能。もう小説版の感想で気にしていたプロ市民臭さとか、それ以前の問題では…。人に説教したいなら、もっと人を楽しませてからにしようよ、映画なんだし。

尚、第六空挺団(小松)と「マリと子犬の物語」同様、相馬原の第12旅団はよく頑張った。F-15 のホットスクランブルは航空際で見るデモよりも緊迫感があって、やっぱり演出って大事だなぁ!なんて改めて感心したりw 途中、まんまCGのところは可愛くないですけどね…。

あと、吉田栄作って年とっていい顔になったよね。一応「雪山」って設定だから、口大きく開けて喋ってないので滑舌悪いのもごまかせr……いやいやw【映画感想】
口直しにどうぞ(!?)。
いくつもある素人作成PVの中で、
音楽とのシンクロが結構良いかな
と思ったものがこれです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin