忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イングランドのお笑い映画でーす、という程度の前知識で行きました。なんかこう、全編にグダグダ感が漂ってオチがどこにあるのか分からないいつものイギリスのアレかと思ったら、ちゃんとストーリーがあって驚いたww

概要(goo.ne.jp) →公式(gyao)
→宣伝マンのblogがMyspaceにあったよ。フレリク送りたいような…送りたくないような…

余りの有能さ故にロンドンから左遷された警官が配属されたのは静かな田舎町。"犯罪"発生率も低く、何の問題もなさそうだけれど、実は…!というわけで、生意気にも謎解きとかが一応あるんですよ。で、お笑い映画といえばお笑いなんですが、これはまさしくイングランド産。全編真ッ黒な笑い。と言っても予想していたような人種ネタとか障害者ネタとかの卑怯な方向ではなくて、単なる不条理と悪趣味グロの世界なので、誰にも気兼ねせず安心して笑えるのがいい感じです。(…あれ?)

一番気に入ったのは、冒頭のつかみの部分やクライマックス部分において、叩きつけるように短いカットを重ねた上にアダム・アントやらT-REXやらのグリッター系ロックがガンガンかかり、暴力的とも言える強引さで世界に引き込んでくれること。これがかなり気持ち良い。カッコいい!
次から次へと出てくる小ネタの数々も、90年代のポリスアクションムービーが好きな人なら更に楽しめるはず。もう何にも考えずにこのテンポの速さに体を任せていれば良いと思います。

で、主人公は普通にシヴいんですが、ダメ警部のダニーもロシアウサギ顔でいい味出してるわぁ。このテンションを維持してくれるなら続編も見たいなあ。【映画感想】



サントラは本気でお勧め。視聴できるので米国盤を貼りましたが、
本当はUK盤を激しくレコメンド。理由は米国盤のレビュー参照のこと。
B000O1713E Hot Fuzz
新品 ¥1,717
ポイント 17 pt

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin