忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

洞爺湖サミットと共に新千歳空港(多分)のプチ航空祭も終わった頃でしょうか。見た目が普通でも、政府専用機は各国空軍所属の立派な軍用機。地元の人いいなぁ~。超厳戒体制で近づけなかったとは思うけど。

というわけで任期切れ間近の子ブッシュに今来られてもどういう意味があるのか分からない今日この頃ですが、この映画も、大統領選挙が近くなるとザクザク出てくるアメリカ自虐映画の一つということで良いと思います。→概要(goo映画)
実際にあったイラク帰還兵の失踪事件をベースに、謎解きでストーリーを引っ張りつつ、遠い砂漠の国の戦争で傷つけられる人の心を丁寧に描いています。

戦場のシーンは1カットを除いて、全て派兵に行った息子が携帯で撮った動画の中でのみ語られており、それが逆に内地にいる我々にはリアリティを感じさせてくれる。携帯動画の中の非日常、事件を追いながらも父親が淡々と繰り返す日常。父親役のトミー・リー・ジョーンズのギリギリまで押さえた芝居が、強く重く、見る人の心を打つ力作です。

こんなに良い内容なのに、上映館も少ないしすぐ終わっちゃうんだ。有楽座なんか行くのは10年振りくらいじゃないだろうか。

久し振りに他の人の評価が気になって少し巡回してみましたが、思想の左右を超えて訴えるものがある映画なので、”自虐に見せかけたアメリカマンセー映画”という先入観を持って見るのはかなり勿体ない。逆に、自分のように普段からコンサバ寄りで、9条信者が念仏唱えてるみたいな反戦映画をバカにしている人の方がいろんな意味で楽しめるかも知れません。ガツンときたよ。うん…。

中でもこちらの評は面白い。成程ね。確かにあの刑事は結果として無能なのだけれど、恐ろしいのは、その時その時では特に間違った選択をしたようには思えないこと。クレ―マーをあしらうのも、「至急」って書いてない書類を後回しにするのもごく普通のことですもんね。普通の人が、最善と思われる選択を繰り返した結果が今の世界なわけで。……何もかも捨てて助けて!って言いたくもなるよねえ?【映画感想】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin