忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月公開作品ですが、最近劇場で見る機会があったので書いておきます。

→ 公式。重いぜー

「英国王室とダイアナ妃」といえば、陰謀説を元にしたミステリー、格差社会(笑)をテーマに社会派ドラマ、モンティ・パイソン風のコントまでいろいろ脚色できると思うのですが、何を求めてこの映画に行ったかで評価が変わる内容であると思われます。
それが「エリザベス女王役のヘレン・ミレンの美しさ」ならほぼ100点。批判と見せかけて、作り手の立場は完全に王室サイド。対するブレアの嫁、所謂リベラル派の女が下品でガサツに描かれてるのも、絶対わざとやってるよね?
だけどそれ以外に何か感想があるかと訊かれると…正直あんまり残らない。

自分はもう少しブラックなやつが良かったなぁ。もっと言っちゃえば心底イングランドっぽく(偏見)、陰険でドロドロなやつ。強いて言えばラスト近くで「女王のインド・パキスタン訪問」で王室を絶賛して見せたことくらいか。(ええー?元々同じ民族だったところに無理やり国境引いて紛争地帯にしたのはそもそもオマエラじゃなかったか??)

そんな世界最強の海賊国家、大英帝国関連の映画(cinematoday.jp)が年明けにもまたやってくるもようです。森の奥方様が主演だから一応行く予感。【映画感想】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin