忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

航空機の話が続いています。先日の前進翼機ネタに始まり、一つ調べ始めるといろんなニュースや新たな調べ物を拾ってしまって楽しくてたまらん。(そしてまた週末が終わり、日付を遡って更新する羽目に。)そろそろ沈静化すると思うのでご容赦ください。

去年起きた米海軍の曲技飛行チームの事故に関してやっと調査結果が出てきたらしい。要約すると「生身の人間はジェット戦闘機に乗るようにできていません」という、ある意味当たり前の結果に…。9か月も調査しなくても、常識で考えれば分かるような気が。

しかし、記事中にある"今後の対策"に笑った。「酸素マスク装備します」じゃなくて「もっと根性入れます」って言ってるしww
まあ「万一、酸素供給にトラブルがあっても飛べるようにトップチームを見習って鍛えておけ」ということだとは思いますが。気になるのはこれを機に水面下で無人機の開発チームが「ほら人間には無理だから!うちに予算、予算!」とキャンペーンをしているかどうかかなぁ。

以下、流石に独り言なのでたたみます。


そもそも無人機っていうのはポイポイ落ちるものなわけだ。季候の変化に弱い。敵に見つかったらそこで試合終了。人の行けない危険な処に行くのが仕事とはいえ、生還率はかなり低いはず。アフガンでは60機のプレデターのうち40機しか生き残らなかったという話があるよ(ソース忘れた)。だからこういう運用で割り切っていたと思うのだけど。→無人機なんていくら落ちちゃってもキニシナイ!

そこでタイムリーにこんなニュースですよ!→"世界最大の無人機" 「エイタン」を開発 弾道ミサイル迎撃能力あり…イスラエル(OCNの元記事が消えている…)
これは大きさといい身を守る能力といい最右翼。すんごい高そうだわ!これ以上性能が上がったら「落ちちゃってもOK♪」とは言いづらくなってくるのでは?

それで更に思ったのだけれど、今後
(1)有人機の操縦難度が「F1カー」から「オートマ車」までレベルダウン→熟練者でなくても乗れる
(2)無人機が更に高性能化。単価が莫大な金額に
という2つが進行して行った場合、いつか1と2のコストは逆転するのでは? つまり、「危険なところに行くのは機械様ではなくて人間の仕事」なんていう未来がですね……

ないよね? 少なくとも今後100年くらいは。

まぁあれだ、前述の「エイたん」は金持ってる国のだし、落ちてもどうせアラブ側だから良いってk・・・あわわわ

#ここまで読む人もあまりいないと思いますが、慰労の為に今回拾った不思議画像をおいておきます。これも無人機らしいのですが、載ってる写真を見るとブーメラン飛ばしてるようにしか見えんwww やるなアメリカ!見えない無人飛行体ファントム・センチネル(engadget.com)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin