忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原作あり、ドラマ化済みということを差し引いてもどうしてこんな脚本になっているのか激しく謎。起承転結で言うと「承」と「結」だけ延々と見せられた後に、芝居付きのエンドロールが30分間みたいな構成になってます。で、148分の大作。これは…一本の映画として一体どうなんだ。
ROOKIES-卒業- - goo 映画

因みに自分、原作漫画をジャンプ本誌でたまに読んでいてキャラの見わけはつきますくらいの予備知識です。しかしどうやらTBSの地上波が凄いことになっているらしく、そんな酷い宣伝しなきゃいけないような内容なら是非見に行かねばとw(タダ見できるポイントが3本分くらい溜まってるし)
「ROOKIES(ルーキーズ)」が教えてくれた手前味噌の味(nikkeibp.co.jp)※2ページ目の番組担当者のセリフがブラーみたいでフイタw

で、結果が前述のような感想なわけですが、映画そのものは売れてる?みたいで良かったですね。

一番気になったのが、一応、ニコガクメンバー一人ひとりに見せ場は作ってあるのですが、細かいエピソードが並列に並んでいるのでどこで盛り上がればいいのかと段々心配になってくる。
それでも試合の前半はそれなりに緊張感があるし、タイムやイニング交代がやたらと長いのも(笑)週刊マンガ連載っぽくて嫌いじゃないです。だけど安仁屋のライバルが弱いなぁ。原作でもあんなんでしたっけ? ライバル校のエースの川上君ってただの良い子で、何が何でも倒さなければいけない敵という器じゃないから、逆に彼を勝たせてあげられないことで後味の悪さが残る始末。やはり勝負ごとを描くなら魅力あるヒールは必要だなぁと・・・。頑張れ川上くん。【映画感想】

もしかして「ROOKIES出演役者のファン」のための映画だったのかも知れませんが、それにしてはサービス不足。TBSは「海猿」において男性セミヌード(フルもあったかも)を適時投入してくれたフジテレビの靴を舐めるべきであります(?) B0001X9D3Q 海猿 スタンダード・エディション [DVD] ~ 羽住英一郎 ¥ 2,992
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin