忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リアル友の間で評判が良いので行ってみたよ。うっかりデキちゃった高校生が周りの人達を振り回し、辛い目に遭う人もいますが、最終的にみんな幸せになるお話。

※2008年の映画ネタのメモを整理していたら出てきました。去年観たけど忘れていたものの一つです。折角なのでUPし、まとめにも追加しておきます。

主人公の物怖じしない性格と、ズバズバ言いつつもちょっとお洒落が入ったwセリフの応酬がとても面白いのですが、逆に言うとそれが全てかも知れない。キャラクター商品じゃなくて、キャラクター映画。ストーリー全体を通すと、世間で言われるほどピンとこなかった。すみません。この妊娠騒動で主人公や、里親志望の夫婦や彼氏の気持ちや態度が変わっていくところが重要な気がするのですが、その割には両親が最初っから最後までお人よし度全開100%のままなのが謎です。どういう演出意図なんだろう。

この妊婦JKのキャラクターが好きになれればハマると思います。が、自分はこの子がパティ・スミス好きというところで「この若さでパティスミスはないだろ…。"クラスの他の子とは違うアタシ"を演出?」と一度思ってしまったらもうダメだった。こんな変な予断がなければもっと楽しめたかも、と思うと惜しいことをしました。【映画感想】

6月に安いのも出るらしい。
オスカーの脚本賞取りしてたとは…今知りましたw
B001DWDVGY JUNO/ジュノ <特別編> [DVD] ~ ジェイソン・ライトマン

以下は映画とは離れつつ

それはそれとして、新聞広告一つで養子を出したり、貰ったりが成立する社会がちょっと羨ましいような気がする。日本でこれやったら色々煩さそうだ。
参考資料 →国立社会保障・人口問題研究所
オーバーステイなどの事情も含む、外国人率を多く見積もって2割としても、年間20万人の自国民候補を殺しておいて少子化対策とかもうね…。勿論、無理矢理産んでもらうわけにはいけないけれど例えば、既に複数の子がいる家庭で、うっかり次の子ができちゃったけど養育費的に限界なんてケースで「泣く泣く出産を諦めて一生罪悪感を背負って生きていく人」と、「子育ての意欲はあっても肉体的に恵まれない夫婦」との、幸福な出会いはもっと簡単であっていいと思うんだ。戦前くらいまではそんなのザラだったみたいだけど、その辺が変わっちゃった理由は戦後史の嫌なところに関係してくるらしいのでここまでにします。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin