忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予告編を見た時点で既に「泣き方、用意!」というくらいシンプルでお馴染みなストーリーのハリウッドリメイク。この監督って「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の人なのか。納得。→HACHI 約束の犬 - goo 映画

よく動物と子供を出すと役者が食われる…なんてことを言いますが、ギア様はあのたどたどしい「ハティ~vv」の発音を始め、巨大な秋田犬に横から飛び付かれたり、ボールに夢中になって大はしゃぎしたりの大奮闘で流石の存在感でした。しかし先生の退場後、話の後半はちょっと場が持たない感じです。奥さんと娘が本当の親子みたいな雰囲気で魅力的なのですが、10年という時間の経過が娘に係るエピソードにしかないのが物足りない。駅の周りの人にももっと頑張って欲しかった。

単調になりがちな話の中で、たまに挿入される犬視点のカットが良いアクセントになっています。犬は色を識別するのは苦手と知ってはいましたが、実際あんな感じなんだろうか。でも一か所、犬視点なのにフルカラーの場面がある。そしてあれが、ハチが見た幸せな夢であることに気付いた瞬間に涙線崩壊という仕組みなわけですね。いやー、参った参った。
アメリカ映画なんだからラブラドールとか下手すりゃチワワとか、洋犬を使ってディズニーアニメみたいな媚び媚びの犬という改変もアリだったと思うのですが、日本犬に対するリスペクトが全面に感じられるので、この話に馴染んだ日本の客が観て不愉快になるところはほぼありません。オールロケで一見低予算だけど、恐らく犬のトレーニングと安全確保に巨額が動いていると思われるため(笑)、日本で売れないと製作費回収できないかも。頑張れ。孤高の秋田犬に免じて、お寺の鐘の音が銅鑼みたいだったYO!ってのは不問に処す。

尚、自分が見たのは字幕版ですが、吹替え版だと青山某の主題歌が入ってしまうっぽい。上品なピアノ曲の音楽が印象的なので、是非、余計なものの入っていない字幕版でどうぞ。できれば北米版も見てみたいなぁ。なにやら12月にやるという北米版の方が10分くらい長いんですよね。何だろう。【映画感想】

イデオロギー(笑)は恐らく違うけれど、この人の駄犬・駄猫写真はまさに神懸かりなのでよく写真集買ってます。来年の週めくり猫カレンダーも楽しみ! 4101198144 ニッポンの犬 (新潮文庫) ~ 岩合 光昭 ¥ 660
そういえば子犬の時から大きくて微妙に不細工なのが秋田犬なのに、ハチの子役(?)が可愛らしすぎる…!と思ったら子役だけは柴犬の子だそうです。やっぱりなあw
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin