忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手塚プロとハリウッドがデザインを巡って喧々諤々やってるのを見て嫌な予感がしていましたが、実際に動いている絵を見ると意外と変じゃないぞ~?というわけで米国資本・香港製作のアトム。⇒ATOM<日本語吹替版> - goo 映画

原作は大体の設定と白黒アニメ版の結末を知っている程度なのでロクな比較ができませんが、少なくともこのATOMではヒーローロボットとしてのアトムじゃなくて、親として、科学者学者として、人間としての天馬博士がある意味で主人公な気がします。子供は分かりやすいアクション映画として、親は博士の狂気と苦悩に共感するという仕組みですね。しかし日本語吹替え版の役所広司のドヘタクソぶりはどうんだ…。どこの素人タレントだろうと思っていたので、最後まで見て驚いた。まずはちゃんとセリフ回せるようにしてくださいよ。あの「ダイワハウチュ」ってのは芝居じゃなくて素じゃないんだろうか(笑)。上戸彩のアトムは普通に上手かったのに。

ストーリーについては、大統領の分かりやすい悪者っぷりに序盤で不安になるものの、天馬博士(とハムエッグ)の頑張りによって単純な善VS悪の物語にならずに済みました。トビーが計算が速かったり、空気を読まずに生意気な分析をしたりとロボットみたいなのに、逆にアトムの方が本に飽きて飛行機に夢中になったりと人間の子供らしいのが面白いところ。全体に箱庭みたいな世界観でスケール感がないですが、アトムが初めて空を飛ぶシーンなどは風を切る感覚が伝わってくるようで、よく出来ていてワクワクします。

細かいところでは富士山みたいなメトロシティ、さりげなく登場している手塚センセイ、桜吹雪などの原作リスペクトが随所に。また、人間とロボットの愛憎、原作テイストを感じる昭和チックなロボットバトル、良い味の脇キャラ(「トランスフォーム!」と「ブレーキを踏むトラッシュ缶」に爆笑したw)などなどひとつひとつの要素はよく出来ていると思うのですが、全体を通すとなんだか軽いなぁ…と思えてしまうのが惜しいところ。恐らくハリウッド基準の表現規制のせいだと思うのですが、ここは手塚マンガばりにバラバラになったアトムの生首が転がっていないと説得力ないだろ、みたいな違和感があります。

特にマズイと思うのがここ→(完全ネタバレのため要反転)あの結末、「ZOG」とアトムの命は「引き換え」じゃないとおかしくないですか。ブルーコアのエネルギーがあんなに簡単にコピーできるなら、そもそも天馬博士がアトムを「殺す」ことに悩む必要がなくなり、ストーリーそのものが破綻しませんか。どうしてもハッピーエンドじゃないとダメだっていうなら、動かなくなったZOGを救うために、字も読めなかった地上の子供が改心して技術者になることを誓って「人間とロボットが幸せに暮らせる世界を作るんだ」みたいな展開で充分感動できるじゃないデスカ… (*´・ω・)(・ω・`*)ネー

因みに、エンドロール中に日本の客向けにちょっと嬉しいプレゼントあり。でも、もしかしたら吹替え版だけのサービスかも知れません。 【映画感想】
今どーいう展開になってるんですか? 途中から付いていけなくなりました…。 4091874312 PLUTO (1) ~ 浦沢 直樹 ¥ 550
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin