忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

片岡愛之助の、使えない町役場職員と殿様の二役が面白いー。あの眼光で「築城せよ!」と一喝されると「あ、城作らなきゃ」という気になってしまうw ここは流石に歌舞伎役者ですねえ。見事な謡も披露してくれます。→ 築城せよ! - goo 映画

工場誘致のために潰されようとしているマイナーな城跡に、城主の魂が蘇って住民を巻き込み、400年前の悲願(=築城)を達成しようとするという話。
話が無茶だけに限られた時間内での背景や理由付けの語り方が問われるところですが、城の模型を手にした時の幸せそうな笑顔だけで郷土歴史家のセンセイのロマンチストぶりが分かるし、城主の妻子の墓に今も手向けられる小さな花は、時間を超えて地域内の人の繋がりがあることを教えてくれる。伏線の回収も丁寧。あのハンコがまさかあんな流れに…。でもこういう細かいところが上手い割に、肝心なところが「あれ、何でそうなるの」って感じなので、凄く惜しい気がします。あのドレスも無理すぎる…。
城主のカリスマだけで走ってきた城造りが頓挫し、自分が民から選ばれたリーダーではないことに気付いてから、ドブ板選挙並みの情熱で人心を掴みに行くところあたりが面白いので、もっと盛り上げればよかったのに。

だけどこれ、要はリーダーシップと郷土愛の話なんですね。愛知という土地柄や、そもそも愛知工大が関わった映画だと思えば、モノづくりに対する情熱の話でもある。
工場誘致派の町長も別に賄賂を貰っているわけでもなく、策略家なのも政治家としては間違っていないし、逆に、城主がかつて「城」というハコモノに拘って自分のクニを潰した過去があるという点も話に深みを与えています。

如何にも低予算っぽい匂いですが、自分はこれ結構好きです。中京エリアの経済ニュースを見ていると、得に製造業はこの世の終わりみたいな雰囲気ですがここが踏ん張りどころです。頑張りましょう。まずは「ダンボール工作教室」で観光客集めをですね…(地味すぎるw)【映画感想】
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin