忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TBSの肝いりだわお笑いタレントは出るわ、しかもパンデミックものの映画って過去にもたくさんあってネタも飽和してるのに、今更何をwwwと完全にバカにしきって行ったら意外と面白かったよ。
感染列島 - goo 映画

特に展開の早い前半部分が面白い。普通、そこで海外渡航歴は拷問してでも訊いておくだろ…などのツッコミどころはあるのですがきちんとサスペンスしていて、次に何が起こるのかが楽しみで、集中して見てしまいます。
だけど後半で見る見るうちに大失速して行くのが何とも…!! ツン系だったヒロインがデレてくるあたりで「そんなことやってる場合じゃないだろ」と突っ込みたくなり、主人公がウイルスの発生源までわざわざ出かけて行く頃には「早く終わんないかなぁ」という気分になってきます。3m先で自分の患者が血ィ吐いて死にかけてるのに、患者放り出してイチャイチャしてんなヨ…! という局面に当たってはブチ切れて途中で帰りたくなるかも知れませんが、最後のオチだけはとても美しくまとまっているので、もうちょっとだけ我慢して最後まで観てあげると良いと思いますw

主人公とヒロインの心の繋がりが話のキモだった筈なのに、そのキモが話を木端微塵にしたという珍しい例。折角、途中まではかなり面白いのに勿体ないですよね。ハリウッドリメイクの話もあるそうなので、そっちに期待してみようかなと思います。

また、社会派映画(笑)として見るなら、カンニング竹山に言わせようとしていたことはとても重要だとは思うのですが、竹山のキャラクターとセリフだけに頼ってしまった感があって、説得力がないのが残念であります。
それからソ○トバンクモバイルの「お兄さん」の英語が上手くて驚いたww(そしてそんなことに驚いてしまった自分を笑いたい…orz)【映画感想】

パンデミックものと見せかけて実は大味なアクション映画なのですがw、面白かったな~。感染者の描写で「家族」が「数字の一つ」に変わって行く表現があって、妙にリアルで怖かった…。 B001ALQWTQ アウトブレイク [DVD]
~ ウォルフガング・ペーターゼン  ¥ 1,500


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin