忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イングランドに民法ラジオ局がなかった1966年、ポピュラー・ミュージック(敢えてロックとは言わない)への需要に答えていた脱法ラジオ局ネタ。⇒パイレーツ・ロック - goo 映画

目の前に客がいるのに何故商売ができないのだろう?と疑問に思っちゃった人には権利ビジネスのあり方なんかを考えるきっかけになる……なんてことはなく、場当たり的な下ネタと一発ギャグばかりのただのお笑い映画でした。敵キャラが薄っぺらくてダメ。ストーリーはもっとダメダメ。各エピソードは確かに笑えますが、とにかくしつこい。も~~、どーーしてイギリス人はあんなにウ×コチ×コレベルの下ネタが好きなんだ~~。あの薄い内容で2時間超えはやりすぎだろ…。

無理に褒めておくと有名キャストがザクザク出ていて、それぞれかなりのハマり役であるという点は素晴らしいです。みんな個性があってとてもキュート。好きな役者が出ていたら行った方がいい。あとはベタとはいえ当時のヒット曲が満載なので、サントラ需要とか? 曲を使うにあたってはよくある「サビだけ」とかじゃなく、殆どの曲でたっぷり1コーラスは聴かせてくれるので、音楽を聴きに行くと思えばそれなりに快適な時間が過ごせます。
(個人的にどこが良いのかサッパリ分からないビートルズがないのが好感度高いわぁw まぁ使用料が高かったんだろうけど…。キンクスかっこいいよ!)【映画感想】

D.ボウイの曲だけ何故か時代がズレている。しかも「レッツ・ダンス」って。産業ロックの権化みたいな意味で使われているなら納得です。 B002KU6BJC パイレーツ・ロック オリジナル・サウンドトラック~ サントラ ¥ 3,500
Amazon ポイント 35 pt
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin