忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

概要(goo.ne.jp)
平成生まれの人には分からないかも知れないけれど、日本航空123便墜落事故は当時物心が付いていた日本人共通のトラウマと言っていい。個人的にも不思議な因縁があり、最後まで冷静に見ていられるか心配でしたが、事故そのものがテーマではないので意外と平気でした。但し、キメの場面であの遺書を持ち出すのはどうなのか。いや、分かるよ、言いたい事は分かるんですが、ご本人や遺族の方に失礼なのではないかと、ひどく微妙な気持ちになったのも確かです。20年経ってもまだそう感じるのに、アメリカなんかさっさと911テロの映画作ってるし、どうなんだ、あれ。

という背景はともかく、ドラマとして見るなら非常にスリリングかつ重厚な内容。決して軽々しく扱ってよい素材ではないので、重すぎるくらいで調度良いとも思えます。良い大人が自分まるだしでぶつかり合う姿は臭いといえば臭いんですが、1985年という時代を考えると、確かにバブル前夜ってああいう風にいろんなものが暑苦しかったかも知れません。140分越えはややクドイものの、フィクションとしての見ごたえはイヤというほどあるので頑張って見るといいです。

現実はどうかというと、そもそもこの狭い日本に新聞社多すぎと思わなくもないw 普段から記者会見の後、数社で集まって答え合わせ(あのときああ言ったよね?とか)みたいなヌルい仕事してるから有事に対応できないんだヨとか言いたくなる。どの業界も大手術をしてるんだから、マスコミだけが無傷っていうのも変。いっぺん痛い目見るといいよ。

映画に話を戻すと、役者の中では堺雅人がとてもよい。初めて上手いと思ったよ。無害そうな顔した人がああいう役をやると凄みがあるわー。この人の芝居だけでも見る価値ありです。【映画感想】

-----
尚、ヘリコなどの装備類はブン屋のしか出てきません。もっとも、生存者の搬送等で活躍した陸自のV-107(バートル)も、映画に出そうにも既に全機退役しちゃってるんですけどね。
他にも陸自の隊員の作業着が旧式だったり、第一報で「横田北西○キロ」って言われて、そういえば当時あの空は日本のものじゃなかったなぁとか(今でも全部帰ってきたわけじゃないし)、色々思い出したこともあったりしたので、この機会に関連する本か何か読んでみようと思いました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin