忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「どうしてお父さんと一緒に暮らしたくないのかな?」
「だってパパの映画をTVでやった次の日、学校でみんなに笑われるの…」
。・゚・(つД`)・゚・。

これが涙なくして見られるかー!JCVDが本人役で出ている自虐映画。配給会社が半券で応募できるプレゼント企画をやっているのですが、ヴァンダムに直接関係する賞品はポスターだけで、それより良い賞が「スティーヴン・セガール主演映画DVD・10巻セット」ってどこまで自分を追い込めば気が済むのかとww 因みにおいらも、希望賞品のところにセガールって書きました。
その男 ヴァン・ダム - goo 映画

そういえばこの人って英語ネイティヴじゃないんですよね。大昔「ストリート・ファイター」の実写版に出たとき、居並ぶハリウッドスターwの中でRyuを「ライオウ」ではなく「リュウ」って発音できていたのはヴァンダム(とキャプテン澤田)だけだったのを思い出しました。彼はガイル少佐のはずでしたが、どこをどう見てもヴァンダムでした。何を演ってもヴァンダムになっちゃうのがこの人の個性だけに、これ以上ないくらいのハマり役だと思います。
リアルなヴァンダムなら何年か前に、TVで何人目かの嫁(本物)と息子(本物)を見たことがありますが、ヴァンダム本人も含めて絵に描いたようなDQN一家だったと記憶…w

冒頭に凄い長回しのアクションシーンがあるのですが、その後も意図的に長ーーいカットが何回も使われていて印象的。「銃を使わないのは主人公の純粋さ」って、見終わった後で思い出すとあぁ確かにそうかも、なんて思ったりします。因みにジョン・ウーについては、強盗の人と自分もちょっと同じ意見だったので笑ったり…w

でも正直な話、実は今まで観たヴァンダム映画の中で一番良かったよ…。だって感動したもの。努力して得るもの、自分ではどうしようもなく失うもの、別に落ち目のアクションスターじゃなくても、きっと誰でも同じなんだと思う。「成功できない人を見ると悲しく思う」って、きっとあれはマジでそう言ってるんだろうな。わが身を振り返ってちょっといろんなことを考えてしまった。バカ映画のつもりで行ったのに、なんだかじんわりときてしまうという嬉しい誤算でありました。こっそりとお勧め!【映画感想】
「美形の悪役」という概念がハリウッドに理解されなかったことが衝撃であった。そんな自分は(ゲームの)バルログが好きでした。 B0009J8EG4 ストリートファイター [DVD] 
¥ 1,332
<スト2と同じく、原作=日本つながりで近況報告。>
「チケット買っちゃったのかよ!!!」  →→

・・・見ての通りです・・・orz
だってベアが!ピッコロさんの腹筋がキモすぎてつい!ww もう負け組み確定。因みに右側は悟空だってさ。全2種類。
ベアブリック~

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin