忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雑誌「WiLL」の表紙や巻頭コラム集にユルーい感じの猫イラストを描いてくれている、浅生ハルミン氏の本が映画になりました。 →私は猫ストーカー - goo 映画

と言っても元々この本は筆者の猫ストーキング記録であってストーリーなんかないのですが、この映画にもストーリーらしいストーリーがあるわけではないです。道端で見かける猫の如く、人も猫も皆どこかに行く途中。猫には人の知らない猫の時間があり、人にもまた他人の知らない時間がある。よそんちの猫なんか眺めていても特に何も起こるわけじゃないのと同じように、映画の中でも何かが起ったような気がするし、でも何も変わっていないような気もする、そんな映画。

この感覚が楽しめる人とそうでない人で評価が違うと思いますが、そもそも「何も起きない映画なんて時間の無駄」的な感想を持つ人は、この映画を見に来ていないので何の問題もないと思います。お客は一度道端で猫を構い出したら最後、通りすがりの人にジロジロ見られようと、自分のしゃがんだ足が疲れようと、猫様の方が飽きるまでその場を動かない忍耐力の持ち主のはず。写真を撮りたいのに、カメラ向けると足元にすりすりしてきちゃう道端の猫とか、しつこくお腹をぽんぽんされて段々不機嫌になりそのうちフワーッ!って言っちゃうチビトムが画面に映る度に客席から(*´∀`*)ホワーンな空気が立ち上るのがその証拠です。そうかそうか、お前ら皆猫ストーカーか。奇遇ですね。わたしもです。
----
一匹だけ動物プロダクションの猫で、その他は谷中や不忍池あたりの本物の町猫だそうな。谷中の階段のところの白ちゃんとか、知ってる子もいてすごい和むわぁ。そういえばあの階段の横がマンションになる前、駐車場だった時にいつも猫が7~8匹いたんだけど、どの猫にも人が張り付いていて、後から来た女の人が「あ~、誰も空いてない~」とガッカリした声を上げていたのに笑ったw 猫に対して「空いてる」とか「空いていない」ってどんな基準なんだよw 思わず白黒猫をモフっていた手を止めて「あの、わたしもう帰りますので次どうぞ」とか言っちゃったじゃないか。猫には迷惑だとは思うけど。【映画感想】
これに載っている道端猫とお近づきになる手順は、自分が独自に編み出したやつとほぼ同じ。「いつもの8倍くらい長い瞬き」は効くよね~。おいらはこれ、逆に猫から教えて貰ったんだけどね。 4896919114 私は猫ストーカー ~ 浅生 ハルミン ¥ 998
こっちもどうぞ。元・週刊文春の花田氏の雑誌で、表紙の猫がハルミンさん画です。今月はウイグル特集もあるよ。 B002GZYJI6 WiLL (マンスリーウィル) 2009年 09月号 [雑誌] ¥ 780

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin