忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうディズニー直系には金は払わん!という個人的な誓いを守ってタダ見してやったぜー!まぁ中身はピクサー系の人材らしいんですけどね→ボルト - goo 映画

冒頭とラスト近くに、処理数が多くて凄まじく金の掛っていたそうなCGによる劇中劇があり、その完成度の高さにまず吃驚させられます。ド派手なアクションはどこかで見たネタの積み重ねという気もしなくもないですが、見せ方に拘り抜き、よく練られた完璧なコンテ! 戦闘員のチープなデザインもカッコイイ! つかみとしては最高なので、金の使い方が上手いなぁと敬服せざるを得ません。その他、通常シーンですがドバトたちの羽根の色艶や、ちょっとした仕草に思わず感動。東海岸と西海岸で品種が違うのも芸が細かい~。オペレーターにハトマニアでもいたのかと思うくらい凄いです。

しかし、それらを除くとあんまりパッとしないような気が。主人公のボルトはふわふわ・つやつやな毛並みや「走る車から顔を出す犬」の表情など、部分的にすごく良いのですが、やはり"あざとさ"を感じてしまう。「可愛いでしょ?可愛いでしょ?」っていちいち念を押されている感じ、というと分かりやすいかなぁ。話をひっぱる役の猫とハムスターに至っては、その動物の美しさ、かわいらしさをサッパリ表現できていない。やはりディズニー的デフォルメは動物の可愛さをダイナシにすると断言したい。関係者は佐々木倫子のマンガをミキサーにかけて飲め。

ストーリーは、子供向けディズニー映画的な意味で「普通」ってことで…。ただ、猫のミトンズ姐さんがつい半生を告白してしまうくだりは、それまでの姐さんの言動に照らすと流石に胸に迫ります。このあたりに加えて、折角出てきたシェルターの動物たちのエピソードでもう少し頑張ると少しは深い話になったと思うんだけど、まぁ良くも悪くもディズニーアニメなので別に深さなんかなくてもいいですけどね…。

そういえばアメリカでも市条例などで猫の抜爪手術を禁止しているところがなかったか。あれは爪抜きというより事実上指詰めなので、あんな野蛮なものは日本では普及しないといいと思う。

------
同時上映で「カーズ」のスピンオフ映画あり。「東京メーター」と称して、あのバカ映画「ワイルドスピード3」みたいなインチキ日本っぷりが楽しい10分位?の小品です。吹替版もありますが「東京メーター」の Hey!Kosuttana-! とか Wow,Doonatsu-! みたいな謎日本語/ヘタクソ英語の妙を楽しむためには字幕版がオススメ。しかし残念、日本のポリス(制服)は勤務中に殆ど外食しないからドーナツトラップは効かないと思うよ(笑)【映画感想】

人間と動物が好きな全ての人へ。猫ストーカーとしては「ハナくそハナちゃん」の話は他人事とは思えませんw 4592881478 動物のお医者さん (第7巻) (白泉社文庫) ~ 佐々木 倫子 ¥ 570

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin