忍者ブログ
想定読者は記憶をなくした自分。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年劇場公開映画まとめで漏れていた映画メモをまとめてあげる作戦第一弾。(全3本…多分。)

間違いなく傑作だった「少林サッカー」以降、同じ売られ方をしているいろんなもののうちの一つと言ってOK?
→ 公式サイト(kf-d.jp)
奇しくも「俺たちダンクシューター」に続いてバスケ映画が続きましたが、こうやって比較するとあのアホ過ぎる「ダンクシューター」が実はシリアスドラマだったということが分かる。主人公たちがやったことって冷静に考えると意外と真っ当で、集客イベント(一応プロなので)と、吐くまで練習したことだけなんだよなぁ…。

で、こっちの方は巧夫の才能のあるホームレスwが、大学バスケの名門に入ってライバルやその黒幕と闘ったりする話。だけど、ストーリーはあってないようなもの。第一、カンフーあんまり関係ないから。展開は見ている人そっちのけの唐突さだし、編集やりかけのまま納品したんじゃないかという疑惑が最初から最後まで付き纏うわけですが…

だけど台湾系イケメン俳優が華麗にパスやシュートを決めまくりマース!という一点に絞って行く分には満足度はかなり高いはず! どこからどこまでがスタント?と思って目を凝らしていたけれども、(CG合成でない限りは)かなりの部分を本人たちがやっているもようです。それがまたカット割りなどの演出も含めて、かなりカッコいいわけですよ! 主演の周杰倫あたりは天然系清純派キャラwで、本人の雰囲気と合っていてかなり癒される。陳柏霖もジャニ系で通用しそう。その方向できちんと宣伝すれば、自分も水曜日の夜なのに客が自分一人とかいう体験をしなくて済んだと思うんだ・・・。勿体ないなぁ。【映画感想】

本人はわざわざ来日しては「どらえもん」の映画化構想について語りまくる熱い男であるw 応援してね! B001H4VTD0 カンフー・ダンク! スタンダード・エディション [DVD] ~ チュウ・イェンピン
…実は同じチョウなら周渝民を激しく贔屓していたりするのでおいておきますね! この無害そうなルックスはもっと日本人ウケしてもいい。 4048949179 ヴィック・チョウ in 闘茶 tea fight ~ 木村 直軌


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 ←非公開コメントにしたい場合は□の中にチェックを入れてから「送信」を。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
※頂いたTBはすぐに表示されません。夜間バッチ処理wをお待ちください※
また、当記事への言及リンクがない記事からのTBは表示しないことがあります
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
日付が変わる頃活動中
mypageへテレポート
遠征のお供♪

コロニーな生活☆PLUS

独立までサポートするよ!
shamrの監視所(はてブ
国際、軍事タグ増殖中
short cut
次回出撃予定
01/10:習志野
最新コメント※返信済みのものにはアイコンが付くよ
ブログ内検索
thank you! (`Д´)ゝ ビシィ

Copyright c [ shamr_blog/チラ裏風味 ] All rights reserved.      Designed by : Design up blog (Thank You!)
Commercial message : 忍者ブログ      Special Thanks : [PR]
new/admin